テクニカルガイド(フォトショップ)

格安ポスター印刷 プリントイエロー

フリーアクセスお問い合わせ0800-200-2559

便利で簡単!小ロット専門店です!

 データ作成ガイド-Adobe Photoshop

Adobe Photoshopで入稿する場合

データの解像度。

▲クリックで拡大できます

印刷の環境にもよりますが、カラー出力の場合は基本的に画像の解像度は350dpi (モノクロ出力の場合600dpi~1200dpi)必要になります。

※対策例

フォトショップのメニュー【イメージ】→【画像解像度】
で解像度の確認・リサイズができます。

色の設定は全てCMYKで。

▲クリックで拡大できます

カラーモードにはRGBとCMYKの種類があります。
RGBはWEB用のモードなので、印刷が前提の場合は、CMYKで作成してください。

※対策例

「イメージ」→「モード」→「CMYKカラー」でCMYKに変換されます。
このときにRGBだった色は、くすんだ様な色に変わってしまうので、
必要に応じて色味を調整してください。

仕上がりのサイズでトンボを作成する。

▲クリックで拡大できます
▲クリックで拡大できます

トンボとは仕上がりのサイズを指定するための線で、このトンボの位置に合わせて断裁機で断裁がおこなわれます。

フォトショップ上で線をひいてトンボを描く方法もありますが、イラストレータ上にフォトショップデータを配置してトンボを作成する方が簡単にできます。

※設定方法(A4出力の場合)

イラストレータで210mm×297mmの四角形を作成
【フィルタ】→【クリエイト】→【トリムマーク】で作成されます。

※断裁するときは0~3mm程度の若干のズレが生じる場合があります。
このときにズレが発生しても問題のないように、
データは天地左右各3mm大きめに作成しておきます。

お役立ちリンク集

●Adobe サポートとラーニング
Adobe製品のチュートリアルが蓄積されています。
http://www.adobe.com/jp/support/

お問い合わせ(平日9:00~19:00・土曜日10:00~15:00)

電話番号

ページ
トップへ