データ作成について

格安ポスター印刷 プリントイエロー

フリーアクセスお問い合わせ0800-200-2559

便利で簡単!小ロット専門店です!

印刷データの作り方

印刷用データ(写真だけでも可)をご用意いただきます。

●原寸サイズの塗り足し(3mm)を含めたデータをご用意ください。

●文字はアウトラインしてください。

●写真等は埋め込むか、配置される場合は一緒に送信ください。

※adobeはcc対応済み

★事前にデータ確認できます。 こちら  ★入稿方法がわからない方は こちら

1
3
PDFの確認方法

 

入稿いただくデータは

ZIP

1.PDF・EPS・AI・PSD・TIFF・JPEGデータとなります。

 (officeはPDFに変更して頂いてから入稿して頂けます。)

2.

上記データと確認用のキャプチャー画像(スクリーンショット等)と同じフォルダーに入れていただき必ず圧縮して送ってください。

トンボについて

印刷をする場合にトンボが必要になります。
【1】トンボの種類
「トンボ」というのは、印刷データの外側についている右図のようなマークのことです。
「トリムマーク」と呼ぶこともあります。
トンボは色合わせ、断裁、折りといった各工程で作業の目安の基準として必ず使われるものです。
センタートンボ、断裁トンボ(コーナートンボ)の他、右図赤丸の折トンボがあります。
tonbon
【2】センタートンボとは

「センタートンボ」は主にデータの版を合わせる時に使用するトンボです。
オフセット印刷では4色の版(インクをのせるフィルムです)を重ねて印刷するので共通の印のような役割をしています。
オンデマンドでは使用することは少ないのですが基本的につけておくものとなっております。

tonbo2
【3】コーナートンボとは

「コーナートンボ」は主に印刷物をカット(断裁)する時に使用するトンボです。
このトンボがなければサイズ通りに仕上がらず、斜めになったり上下の平行がずれた印刷物になったりと断裁ミスをおこしてしまいます。
どんな印刷物にも必要なトンボです。

tonbo3
【4】折りトンボとは

「折りトンボ」は主に印刷物に折りが入る時に使用するトンボです。
センターで2つ折りする場合はセンタートンボがあるので必要ないのですが、3つ折りや違う場所で折り加工をされる場合は必要となるトンボです。折りたい位置の始まりと終わり(対称)部分にトンボと同じ太さの罫線をつけます。山折か谷折かの指示も必要です。

tonbo4

 

塗り足しについて

塗り足しの役割。
【1】紙の色を断裁ずれで出さないようにデータを少し大きく作ります。
「塗り足し」は印刷物を断裁(カット)する時に紙の色がでないようにデザインの周りを少し大きめに制作することです
(左右3mm天地3mmづつ)トンボの外側まで大きくして下さい。nuritasi2
nuritasi1

色設定について

CMYK・RGBのカラーモードについて。
【1】RGBカラー(テレビ・モニター等で表現されます。)
「RGBカラー」は光を通して再現できる色です。 光の三原色「R(赤)・G(緑)・B(青)」のことで、PCのモニターやデジカメ、スキャナなどは、このRGBカラーで色が表現されています。 これらは混ぜれば混ぜるほど色が明るくなり、白色に近づいていくため『加法混色』と言われています。紙媒体にはむかない色設定ですのでCMYKに変換していただいた方が仕上がりに近い色となります。 (但し屋内ポスターはRGBに近い色も再現することができます。※発色の良いインクを使用しています。フォト光沢紙を選択いただくとよりキレイな仕上がりになります)
iro
1】CMYK カラー(印刷物で表現されます。)
 「CMYKカラー」は一般的なフルカラー印刷で使われます。C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)の「色の三原色」のインキのかけ合わせで色を表現し、すべてが重なる部分は「黒」になります。
ただし、インキの重ね合わせで表現された黒は完全な黒にはならず、若干しまりのない色になってしまいます。また黒は文字に最も多く使われる色ですから、3色の掛け合わせで印刷してしまうと微妙な版のずれが目立つ原因にもなりかねません。このため実際の印刷では「黒」をK(ブラック)インキで表現するので、トータルで4色を使用します。
iro2

  

解像度について

印刷するときに解像度が低いと仕上がりが悪くなります。
【1】解像度の考え方。

「解像度」というのは、画像(写真等)の印刷に適した画像データの解像度(密度)は実寸で250dpi~350dpiです。
(但しポスターや看板等遠くから見るものに関しては150dpi〜でも問題なく見る事ができます)
下記をご確認の上、作成された画像が正しい解像度となっているか、必ずご確認ください。

kaizoud

【2】解像度の確かめ方

※画像サイズの確認方法は、各OSのバージョンによって異なる場合がございます

【1】JPEGの場合(win)
 画像を右クリックし、プロパティを開きます画像の詳細な情報が表示されます。サイズ(幅・高さのピクセル数)
・解像度が正しく設定されているかをご確認下さい。
winkaizou

【2】JPEGの場合(mac)
 画像を右クリックし、情報をみるを開きます画像の詳細な情報が表示されます。
詳細情報の大きさがピクセルででていますのでピクセルから
[ピクセル数÷350(基本的な解像度200〜でもOK)×2.54cm(1インチ)=縦or横サイズ]
で計算することができます。
計算するのが面倒な方はこちら
200〜350dpiで希望のサイズより大きければ問題ありません。
photoshopをお持ちの方はソフトから簡単に確認できます

 mackaizou

 

【2】PSD・EPS等の場合(mac・winともに)
1.Photoshopで確認(画像データそのものの画像解像度)

「イメージ」メニュー→「画像解像度」

「画像の再サンプル」のチェックを外して「ドキュメントのサイズ」欄の「幅」か「高さ」に使用サイズを入力すると、その使用サイズにおける解像度を確認することができます。また「解像度」を印刷用適正解像度に変更すると、その解像度における使用サイズを確認することができます。

 kaizoudo2
kaizoudo3

PDFデータを確認する方法

正しいPDFなら1つのデータで安心して入稿できます。

ご入稿前に、印刷の時に不具合が発生しないようご自身でPDFデータを確認して頂きます。 いくつかの方法がございますがここではAcrobat Reader(Adobe Reader)での確認方法をご紹介します。

PDFの形式について

PDFにデータを変換する際は印刷用にもっとも安定してトラブルが少ない形式であるPDF/X-1a形式での変換を推奨します。
ただ、OfficeソフトからPDF/X-1a形式に変換するとエラーになる恐れがあります。
その際には「Press Quality」または「プレス品質」などでの変換に移行してください。

【1】カラーモードについて

カラーモードはCMYKを基本としてお願いしています。
RGB画像を使用している場合は、弊社でCMYKに変換させて頂きますのでご了承ください。
通常のオフセット印刷などのプロセス4色(CYMK)印刷では、モニターなどのRGB色での表現やインクジェットプリントなどの蛍光色の様な鮮やかな色を再現する事ができないので、モニターなどの見た目と色合いが変わってしまいます。
中には全く別なやくすんだ印象の仕上がりになります。
※但し屋内ポスターはRGBカラーでも比較的キレイに出力ができます。
また、データ内に特色(スポットカラー)を使用された方は、そのままPDFに変換されると透明の影響を受ける部分が消えてしまう可能性がありますのでPDFを作成される前にプロセスカラーに変更して頂くようお願いしております。

*OfficeアプリケーションからPDFを作成されるとカラーモードがRBGになるため制作されたPDFデータの色と実際に印刷した現物とで色が異なる可能性がございます。 あらかじめご了承ください。

【2】フォントの変更。

カフォントは必ず全て埋め込み(エンヘッド)をした状態でのご入稿をお願いしています。 PDF形式に変更する前の元データが、アウトライン機能のあるソフトをお使いになられている方は、全てのフォントをアウトラインした状態でもご入稿していただけます。 「PDF/X1−k」かもしくは「プレス品質」を指定して頂くとフォントが埋め込まれるようになっています。 ※埋め込みがされていない場合はお客様自身に埋め込みをして頂き、再入稿をして頂く必要がございます。

 

フォント埋め込み確認方法

【1】[ファイル]から「プロパティ」(文章のプロパティ)を選択をします。 acro-2

【2】「フォント」タブをクリックします。表示されているフォント名の後ろが「埋め込みサブセット」となっていると埋め込まれている事になります。


acro-3

「実際のフォント」のフォント名が出ている場合は埋め込まれていません。
リストに何も表示されていない場合はフォントが使用されていませんので問題はありません。

サイズの確認方法

size


[ファイル]から「プロパティ」(文章のプロパティ)を選択をします。

size2
[概要]と書いたタブをクリックして下の部分に表示されている「ページサイズ」がご注文頂くサイズと適合しているかを確認してください。

画像の確認作業

PDFデータを作成した後では画像の解像度の確認ができなくなります。
データをPDFに変換する前に一度400%〜500%に拡大して頂き、見た目に荒い面が出ていなければ印刷に十分な解像度であると言えます。
もしデータを作っている途中には十分な解像度を保持していたにも関わらず変更すると荒くなってしまう場合は、PDF変換の画像解像度が低い設定になっている事が考えられます。
そんな時は画像の変換設定を300〜350dpiにしてから変換して下さい。

Acrobatをお使いの方。 PDFデータ形式をPDF/X-1aやプレス品質などをお選びください。

お問い合わせ(平日9:00~19:00・土曜日10:00~15:00)

電話番号

ページ
トップへ