シール印刷カットパスについて

格安ポスター印刷 プリントイエロー

フリーアクセスお問い合わせ0800-200-2559

便利で簡単!小ロット専門店です!

シール各種・ステッカー印刷について

カットパスが必要です。
【1】最低1mm以上の間隔をあけて下さい。

シールを切りぬくための線(カットパス)が必要です。
この線を読み取って機械で自動的に切り込みを入れます。 そのため、複雑すぎる線は切り抜けない場合があります。
(台紙部分ははカットされず、シール部分のみのカットです。) カットパスはずれる可能性が高いため、最低1mm以上の間隔をあける必要があります。多少ずれた場合でも偏りが目立たないように間隔を広くとる事がキレイに仕上げるコツです。

白い余白をつけて仕上げる場合。

余白をつけずに仕上げる場合。

【2】カットパスについて

●必ずカットパス専用のレイヤーを作成してください。
aboutsteka3

●内側のカットパスでくり抜く事は出来ません。 カットは外側のみです。
aboutsteka4

カットパスは パス自体の形が切り抜きたい形になっている必要があります。
アピアランスや効果などの機能で変形しているパスは見た目と異なる仕上がりになってしまうので、注意が必要です。
オブジェクトを選択した際や、「画面」メニューより「アウトライン」を選ぶと実際のパスの形を確認できます。
Illustratorの機能で角を丸くしている場合、「オブジェクト」メニューの「分割・拡張」を選択すると問題の無いカットパスを作成できます。
aboutsteka5Illustratorの機能で角を丸くしている場合ただの四角形で、実際の形と表示が異なっています。

以下の点にもご注意ください!

chui 重なり合うパスは機械が認識しカットされてしまいます。
カットパスは必ず一続きの線で作成してください。
aboutsteka6


chui 線は全てアウトライン化して合体してください。

aboutsteka7


chui シンプルなカットパスほど美しく仕上がります。


chui あまりに細かすぎるデザインはご遠慮ください。

 

商品の選び方

aboutsteka10

データチェックで問題(パスが細かすぎる等)が見つかった場合、問題の内容を記載したメールを送信いたします。
問題箇所を修正していただき、再度データの入稿をお願いいたします。

 

お問い合わせ(平日9:00~19:00・土曜日10:00~15:00)

電話番号

ページ
トップへ